English

電気分解で湖沼水処理。藻やアオコの分離・除去。株式会社イガデン

池・湖沼水浄化装置 株式会社イガデン
藻/アオコ除去・水質改善

電気分解排水処理による汚染汚濁物質除去を実証
 生活排水・工場排水・畜産排水等の地下浸透・表層水の流入により湖沼河川の富栄養化がどんどん進行するなか、飲料水源の効率的水質浄化と自然環境生物と共生可能な循環型社会の構築が望まれています。
 富栄養化で発生したアオコについて筑波大学・(独)国立環境研究所の発表で藍藻類Microcycstis属の中で青酸カリの40-80倍の強力な有毒物質であるミクロキスチンの発生が日本国内にも発生したことが学会発表されています。
 無薬品による湖沼水浄化装置で湖沼水を循環浄化処理し湖沼・池等に発生した藻・アオコを効率的に分離・回収し、富栄養化を抑え正常な生物共存・共栄環境を構築することが急務です。
電気分解装置を用いた無薬品による新しい水質浄化システム
湖沼浄化処理設備
  • 場所 
    • 茨城県立公園 フラワーパーク
  • 協力
    • 筑波大学 松村研究室
    • 筑波大学 先端学際領域研究センター産学官推進室(通称TARAセンター)
    • 茨城県
    • 茨城県立公園フラワーパーク
    • 霞ヶ浦水質浄化プロジェクト
  • 実験期間 1ヶ月間  
    • 産学官による水質浄化実験終了後、装置を取り外し9ヶ月経過後にも写真撮影し経過観察
  • 実験終了後 一年間経過し池水浄化効果が持続し水が綺麗との評価を頂く。
池の排水処理前 アオコの大量発生して悪臭が漂う状態
  • 処理前(写真左) 吸込み口周辺の表層に藻が異常発生

池の排水処理後 藻・アオコを回収して、水を処理したことから発生しにくい状態にした様子
  • 処理後(写真右) 浮遊していた藻を湖沼排水処理装置にて回収・除去し水を浄化

排水処理している池と、処理をしていない池の比較。手前側が排水処理をした池。後方が排水処理をしていない池。

水処理した池と未処理池の現状写真比較。


  • 手前側 水処理した池
  • 奥側 未処理池

処理前後比較写真 左:未処理の池排水、右:排水処理をした池の水

水処理した池と未処理池 水の比較。

  • 左 未処理
  • 右 水処理されて9ヶ月後の水。
  • 4日間池水を浄化処理後、排水処理装置を外して8ヶ月間経過後、底がはっきり見えるきれいな状態を維持。藻が発生してない。
  • 水中の藻を分析した結果。 (6月)
    • 未処理池の原水の藻 120mg/L
    • 浄化処理した池の藻 0mg/L
  • 水中の藻を分析した結果。 (7月)
    • 未処理池の原水の藻 698mg/L
    • 浄化処理した池の藻 0mg/L
 未処理の池では、1ヶ月間に藻が120mg/Lから698mg/Lに増加。
 処理した池の藻は検出されない。

排水処理で回収した藻をバクテリア処理して肥料化 左:処理した肥料 右:処理前の排水処理装置から回収された藻
  • 左 回収した藻をバクテリア処理。
  • 右 バクテリア処理後 肥料として再利用。
  栄養素の豊富な肥料として畑に戻しゼロエミッション化。
霞ヶ浦水質浄化プロジェクトによる公開実験
湖沼処理用の電気分解処理装置処理槽
  • 電気分解湖沼浄化装置
  • (藻の分離回収・殺藻処理)

湖沼用、ソーラパネル搭載型電気分解処理装置搭載舟
  • ソーラパネル搭載型 浮泥無害化浄化処理船。
  • (低泥中の藻を分離回収し殺藻処理)
  • 浄化処理船設置位置はGPS搭載超音波底泥厚測定装置による浮泥(ヘドロ)厚み測定により設定。
  • ソーラパネルの発電で装置電源を供給。
鯉の生息池へ処理設備導入事例
排水処理前の排水の様子 藻・アオコの発生
  • 写真上 処理前
  • 写真下 電気分解浄化処理後
排水処理後の様子 透明度が向上

排水処理前透明度比較
  • 写真上 処理前
    • 濁度 : 約57.8NTU
  • 写真下 電気分解浄化処理後
    • 濁度 : 約17.6NTU
排水処理後透明度比較

排水処理前の魚の様子
  • 写真上 処理前
  • 写真下 電気分解浄化処理後

 水中を泳いでいるのは鯉。電気分解浄化処理後には泳いでいる様子が見えるようになりました。
排水処理後の魚の様子

株式会社イガデン QRコード 株式会社イガデン

電話:0297-42-6372
メールアドレス:idj@igaden.com

HOME TOP
Copyright (C) 1997-2014 IGADEN CO.,LTD. All Rights Reserved.